2019年度の講義が始まりました。

塾生22名を迎え、5月4日から今年度の講義が始まりました。

まだ一部の科目しか実施していませんが、塾生からは「わかりやすい」「これなら知識が自然に身に付きそう」といった声をいただいております。


今年度も国家試験合格率100%を目指して指導に励んでまいります。




閲覧数:81回

最新記事

すべて表示

お読みいただきありがとうございます。 この度、臨床工学技士・臨床検査技師国家試験対策講座ともに教材を大幅に作り直すことにしました。 いずれも最新の国家試験問題を取り入れて作成中です。 弊社代表は第56回臨床検査技師国家試験(合格率67.8%)を受験し165点で合格しました。 学生時代には様々な勉強法を試しましたが、中でも効果的だったと思われる勉強法を受講生の皆さまにも実行していただきたく、そのため

皆さんはどのような方法で勉強していますか? 私がお勧めしたいのが「自分で試験問題を作ってみる」という勉強法です。 自分で問題を作ってみると、作問者がどういうところを出しやすいのかよくわかります! 国家試験の作問者はその分野の専門家なわけですが、それでも何もない状態から問題を作るのはおそらく難しいと思います。 そこで何を参考にするのか? 過去問ですよね。 過去問を基に自分で新しい問題を作ってみてくだ